新卒で就活失敗。立ち直るために今からやったほうがいいことまとめ

Pocket

新年度が始まって早2か月が過ぎました。

新卒社員の方々は、そろそろ研修期間を終えて現場で本格的に仕事を教えてもらう段階になっているかと思います。

入社した会社が当初のイメージ通りに良い会社だったらいいのですが、残念ながら仕事に慣れてくると今いる会社のいいところよりも悪いところが目についてくるのが世の常です。

クソみたいな先輩や上司、同僚がいるとかその程度ならいいのですがサビ残が当たり前のようにある、毎日終電帰り、給料がヤバいくらい安くて最低賃金にすら届いていないのではと疑うレベルの企業なら働き続けるだけムダです。

そういうわけで、新年度が始まって2か月ですでに今の会社を辞めたい、あるいはもうすでに研修段階で辞めてしまったという人に向けて記事を書いていきたいと思います。

人生初の仕事選びで成功するほうがレアケース

まず一つ言っておきたいのは、現代において学生から社会人になるにあたって最初の仕事選びで成功するほうが相当レアケースだし幸運だということです。

つまり失敗して当然だという話です。

偉そうに書いていますが、かくいう私も新卒で入社した会社は盛大に失敗しました。それ以降の就職も盛大に失敗しまくっているのですが。

私の職歴シリーズ~新卒から新聞販売店編前編~

私の職歴シリーズ~新卒から新聞販売店編後編~

もともとお世辞にもホワイトだといえない業界であることはうすうすわかってはいたのですが、リーマンショック直後の不景気でろくに就職先がなかったことと、あえてキツイ環境に身を置くことで自分を鍛えようなんていうムダな意識の高さで入社したわけです。

ぶっちゃけ入社を決めた当時の自分を思いっきり殴りたいくらい後悔しています。

まあ、私の場合は自業自得ですが仕事選び、会社選びというのは実はかなり難しいことで失敗しても全くおかしくないんだということです。定年まで安定して体を壊さずに働いていくことのできる企業を新卒学生が選ぶなんてある意味宝くじに当たるよりも無理ゲーでは?と思います。

かの有名な京セラを一代で築きあげた稲盛和夫さんも最初の就職先が京都ではかなり有名なブラック企業だったそうで、1年足らずで同期が誰もいなくなり一人で仕事に取り組んでいたという話を本で読んだことがあります。

あれだけの大企業を築き上げた偉人ですら、初めての会社選びで失敗しているのですから一般人である我々がそう簡単に定年まで働き続けられる会社を最初から選ぶなんて、相当な能力と幸運がないと無理だということは明らかです。

なので、就職先がブラックだった!失敗した!と思っても自分はダメ人間なんだと思う必要は全くないってことです。むしろ失敗しないほうがおかしいって話です。

会社辞めたらとりあえずすぐにバイトを探せ

どれだけ世間一般で言われるような大企業やホワイト企業でも研修期間で辞める同期、入社1か月足らずで辞める同期って案外いますよね?

失敗した!と思っているのにダラダラと何も対策をせずに今の環境や状態に身を置くのは得策とは言えないので、そうやってスパッと合わないなと思った会社とサヨナラするのは大いに賛成です。

しかし、そうなると新卒で入社した会社をスパッと辞めたあとはどうすればいいのかが課題になってきます。

会社をスパッと辞めたらしばらく実家に帰省したりして休養したほうがいいという意見もあるでしょうが、正直私は反対です。

ある程度の期間にわたって会社で働いてきて、それなりに蓄えもある人であればいいのですが入社して1年どころか数か月で会社を辞める時点でそのような蓄えもないはずです。

しかも、社会に飛び込んですぐに会社を辞めてしばらく休もうとするとダラダラとその期間が長くなり、気が付けばニートや引きこもりの完成となってしまいかねません。

実際、ニートや引きこもりの人には人生最初の仕事選びで失敗してから立ち直ることができずズルズルと無職期間が長期化してしまい、袋小路に陥っている人が多いです。

なので、新卒で入社した会社を辞めてしばらく休養というのは全く賛成できません。

会社を辞めたらすぐにでもバイトを探して無職期間、無収入期間を作らないようにしたほうがいいですね。今の時代、どこも人手不足なのでバイトなんて掃いて捨てるほどあります。

すぐに就職先を探すという選択肢もありますが、いったん就職から離れてどうして失敗したのか、これからどうすればいいのか、それを考える期間が必要です。そうでないと何度も失敗することになります。

かといって世間との接点であったり、収入がなくなると失敗した原因を考えるどころの話ではなくなるのでとりあえず短時間でいいのでバイトという形で働き続けたほうがいいのでは?と思うのです。

というわけで新卒で入った会社を1年足らずで辞めたら、正社員ではなくすぐにバイトを探せ、短時間労働の合間にどうして会社選びに失敗したのか、今後どうやって会社を選べばいいのか考えるのがいいって話です。

人の力を借りる

バイトで収入源を確保してしばらく社員から離れた生活を送ると、自分がどうして最初の就職先選びで失敗したのか、なんとなくでもわかってきます。

興味ない仕事だったけど、大企業で安定してそうだというイメージで選んでしまったとか、よくテレビCMで流れている企業だからとりあえず入社できたら安心だろうとか。

同じ失敗を繰り返さないためには、自力で次の就職先を探すというのはおススメできません。

失敗をリカバリーするうえでは人の力を借りることが大切です。それも親や友人ではなく、就職のプロの力を借りる必要があります。

今は第二新卒やフリーターからの就職支援をしてくれる会社が数多くあります。なかでもおススメはワークポートDYM就職です。

この2つを抑えておけばスムーズに次の就職先は見つけられるでしょう。

新卒の就職で失敗したら

・空白期間を置かずにすぐにバイトを探して収入源を確保する。

・転職サイトに登録して一人で就職先を探さずに、プロの力を借りて仕事を探す。

この2つを意識するとリカバリーしやすいと思います。

失敗=悪ではない

新卒で就職に失敗しても全くへこむ必要はありません。失敗したら正しい方法でやり直せばいいだけの話です。

ちなみに資格試験の勉強とか、自己啓発本を読み漁るのはあまりおススメできません。

今や現場関係の資格以外で資格=仕事ゲットとはならない時代ですし、私も一時期自己啓発本を読み漁っていた時期がありましたが何一つ変わりませんでした。

結局具体的に正しい行動をしたり、身を置く環境を変えないと人は変わらないということです。とりあえず死なない程度に頑張って変化して生きていきましょう。