経験者だから書く!日雇い単発バイトばかりやっていると貧乏になります

Pocket

4月も半ばを過ぎ、新大学生の皆さんは大学生活にもそろそろ慣れてきて「新しくバイトでも探そうかな」と思っている頃ではないでしょうか?

今はどこもかしこも人手不足。地方ならともかく東京や大阪などの大都市圏ではバイトなんて腐るほどあります。

私も大学に入って、これくらいの時期に自分でお金を稼いで遊びたいという欲求が出てきたのでバイトを探していた記憶があります。

その時のことを思い出しつつ、バイト探しにおいて注意してほしいことやおススメのやり方などを新大学生に向けて伝えたいと思います。

日雇い・単発バイトばかりやっていると貧乏になる

新大学生の皆さんにバイト探しで注意すべきことを一つ挙げるなら「日雇いや単発バイトばっかりやっていると貧乏になるよ」というものです。

少しでもバイトを探したことがある人ならわかるでしょうが、世の中のバイトには大きく分けて2種類あります。

一つはいわゆる「固定のバイト」。コンビニや飲食店、塾講師などのように会社やお店に直接雇われて週3日とかそんな感じで働くバイトです。

たいていバイトを探すというとこっちのバイトを意味します。

もう一つは「日雇い・単発のバイト」です。

これは派遣会社に登録して自分が希望する日だけ働く、あるいは1日や数日程度で終わるバイトのことです。3月末の引っ越しバイトや倉庫、はたまた交通量調査などがこれにあたります。

今は日雇い派遣のバイトに関しては学生以外は事実上やることができなくなりましたが、交通量調査などの単発バイトはいまだに誰でもできます。

私は大学生になってから、前者の固定のバイトがなかなか決まらなかったため「つなぎ」として日雇い派遣のバイトをやっていました。

内容として多かったのが引っ越し、倉庫内の作業でした。いわゆる軽作業ってやつですね。

よく騙される人が多いのですが軽作業と名のつくバイトって全然軽い作業じゃないです。脱線するのでこれに関してはまた別の記事に書きます。

さて、本題に戻りますが同じバイトにもかかわらずなぜ「日雇い・単発バイトばかりやっていると貧乏になる」理由を

仕事に応募するために登録会や説明会に行くコストがかかる

まず一つ目はこれですね。

実は派遣や単発のバイトをするためには派遣会社に登録したり、事前の説明会に参加したりしないと仕事ができません。

メールあるいは電話でのやり取りだけでいきなり働くということは基本的にできないのです。

となると登録会や説明会にわざわざ時間と交通費を負担して行かないといけないのです。

当然のことながら仕事ではありませんので、登録会や説明会に参加した時間分のお給料が発生することも交通費が出ることもありません。

このコストが意外と負担になります。

もちろん、固定のバイトを探す際にもこのコストは発生します。

しかしいったん採用されれば退職しない限り、新たにバイトを探す必要がありませんので採用が決まればそれ以降このコストは発生しません。

勘違いしている人が多いのですが派遣や単発バイトにおいても不採用は普通にあります。

バイトの求人誌や求人サイトでやってみたい仕事があった、それは派遣のバイトなので登録に行った、でもその仕事はさせてもらえなかったなんてことは山のようにあります。

実際今までに私はかなりの数の派遣会社に登録してきましたが、実際に仕事を紹介してくれたのは2,3社程度で登録だけして終わりなんていう派遣会社がほとんどです。

派遣会社の中には仕事がなくてもとりあえず登録者を増やすために求人を出しているところが少なくありません。不景気な時にも派遣会社の求人は数多いですが、いざ登録に行ったら「いま紹介できる仕事がありません。」と何度言われたことか。

単発バイトにしても同様です。説明会や登録会に参加する時間と交通費を負担してもバイト自体は1日あるいは数日で終わってしまいます。

それが終わったらまた新たにコストを負担して、単発バイトを探す羽目になるのでこういったお給料の発生しない、取り返せないコストがかさんできます。これが貧乏になる一つ目の理由です。

交通費が出ない

これも見落とされがちなのですが、派遣や単発バイトは交通費が出ません。

ごくたまに出るところもありますが、それにしても1日500円とかその程度です。全額支給はまずありません。

しかも、派遣や単発バイトはなぜか知りませんが自宅から遠方の現場で働くことになることが多いです。それこそ片道の交通費で1000円超える現場に行ったことは何度もあります。

仮に引っ越しのバイトなどで日給1万円の仕事に行ったとしても、現場までの往復交通費で2000円かかれば手取りは8000円です。

これ以外にも昼食代や飲み物代なども当然自己負担です。そうなると手取りが5000円台になったりすることも珍しくありません。こうなると一日かけて何しに行っているのかわからなくなります

固定のバイトの場合、自宅から近いところであったり交通費を支給してくれるところを探すのはカンタンです。飲食店ならいわゆる「まかない」があるところを探すこともできます。

これが派遣・単発バイトをやっていると貧乏になる2つ目の理由です。

少額でもすぐにお金が手に入ると浪費して手元に残らない

そして3つ目の理由、これが一番大きいのですが少額でもすぐにお金が手に入るとなんだかんだで浪費してしまって結局お金が手元に残りません。

昔見たカイジの映画で過酷な地下労働の後にせっかくお給料をもらったのに、すぐにビールやおつまみに浪費するシーンがあります。

カイジ 人生逆転ゲーム [Blu-ray]

新品価格
¥4,698から
(2018/4/19 09:24時点)

多くのサラリーマンやフリーターは給料日が月1回なので、働いたらすぐにその分お給料がもらえたらなと思ったことは一度はあるのではないでしょうか?

しかし、実際に働いてすぐにお金が手に入ると映画のカイジのようになんだかんだで浪費してしまうのです。

日給1万円として月20日働いてから翌月に20万円もらうのと、仕事が終わるたびに1万円もらって使わずに20万円貯めるのは理屈の上では全く同じです。

しかし現実はそうならないのが不思議なところというか人間の弱いところではあります。

学生時代、大学を卒業して以降の無職期間に派遣・単発バイトをやっていた時、同じ現場で働く人は皆、靴がボロボロで破れまくり携帯もスマホではなくガラケーでした。

普通に働いている以上、お給料で靴を購入したりスマホを購入したりできるはずなんですがそれができないのは結局上記のようなことが原因でしょう。

私も一日一生懸命働いて稼いだお給料がなんだかんだでいつの間にかなくなっていてどうして?と思うことが多々ありましたが振り返ってみたら普通に浪費しているだけでした。

これを読んでバカだな、自分だったら働いてすぐにお金が入っても浪費しないよと思う人は多くいるでしょうが、もし日本のサラリーマンやフリーターのお給料が働いたらすぐにもらえるシステムにみんななったら日本の平均貯蓄額は爆下がりするんじゃないでしょうか?

一億総貯蓄ゼロ社会になることも冗談抜きであり得ると思います。

それを考えると、お給料日が月1回しかないのは浪費を防ぐシステムとして実は優秀なのでは?と思えてきます。

まとめ

派遣や単発バイトはやればやるほど貧乏一直線なので辞めとけってことです。バイトを探すなら直接雇ってくれる固定のバイトを探しましょう。

おススメなのはテレビCMでもよく流れているバイトルワーキンですね。フリーペーパーは検索性がないので、ネットでバイトを探しましょう。

あとこれからバイトを始める人に言いたいのは自爆営業だったりアホみたいに残業させるようなクソブラックだったらすぐに辞めろ、頑張りすぎるなってことですね。

今だったらバイトなんて掃いて捨てるほど募集してますし、何も一か所で真面目に働き続ける必要は一切ありません。

むしろいろいろなバイトを経験したほうが勉強になりますし、その意味でも頑張り過ぎてはいけません。

履歴書の職務経歴にも書かなくていいし、やるならできるだけ楽なバイトを探しましょう。学業に支障が出るレベルで忙しいバイトなんてもちろん論外ですよ。