新生活の銀行口座は絶対住信SBIネット銀行で作っておくべき理由

Pocket

4月に入り、進学や就職で新生活がスタートした人も多いはず。

新生活が始まると何かとお金が物入りになります。各種の支払いで新しく銀行口座を作る必要に迫られている人も多いのではないでしょうか?

とはいえ、新しく銀行口座を作ろうにもどこで作ろうか迷うもの。しかし、銀行によってATM手数料や使い勝手が結構違うことはあまり知られていません。

いっそのこと有名どころの銀行の口座は全部作っておくという選択肢もあります。

しかし、複数の銀行口座を作ると全く使っていない口座というのが絶対出てきますし、今後そういった休眠口座は維持手数料がかかってくるのでは?といううわさ話もあるので全くおススメできません。

「マイナス金利」政策 日銀の「マイナス金利」政策の影響が、庶民の口座にも出てきました。 日銀は、銀行から国債を買い取った代わりに銀行にお金を流す金融緩和を行なっています。 しかし流したお金が企業などの融資にあまり回されず・・・

こういった話があるので、今のうちに全く使っていない銀行口座を解約しようか検討しているところです。

話は戻りますが、私の意見としては新生活の始まりにおいては使い勝手の良い銀行口座を一つ持って、それを集中的に使うという方法をおススメしたいと思っています。

現時点で私が使い勝手がトップクラスに良いと思っている銀行が住信SBIネット銀行です。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行がすごすぎる点まとめ

私がなぜ住信SBIネット銀行を推すのか、その大きな理由を2つ紹介します。

ATM利用手数料が最大月15回無料!

まず一つ目はATM利用手数料が、最大月15回無料になることです。

スマートプログラムという独自のランクによって無料回数は異なるのですが、一番下のランク1でも月2回ATM利用手数料は無料です。ちなみに入金はどのランクでも何度でも無料です。

住信SBIネット銀行のスマートプログラムにおけるランクの優遇内容について。サービスのご利用に応じてランク判定を行い、ランクに応じた優遇を適用します。

住信SBIネット銀行のクレジットカードを作るだけで、現時点ではランク3になりATM利用手数料は月7回無料になります。

クレジットカードを作るのが嫌な人は給料の受取口座に指定するだけでもランク2になってATM利用手数料は月5回無料になります。ATM利用手数料の無料回数を増やすハードルは低いです。

※30歳未満の人は月末時点の口座に1000円以上残っているだけで自動的にランク2になります。

ATM利用手数料月15回無料のハードルは結構高いのですが、月5回や7回無料に関しては割とハードルが低いのでメインバンクとして利用すればたいていの人が該当するはずです。

使えるATMも以下の通り非常に多いです。

・イオン銀行

・セブン銀行

・Enet

・ローソンATM

・ゆうちょ銀行

・VIEW ALTTE(ビューアルッテ)

他行への振込手数料も最大月15回無料!

ATM利用手数料が回数限定で無料になったりするのは他の銀行でもあるのですが、住信SBIネット銀行がすごいのは他行への振込手数料もランクに応じて無料になる点です。

他行への振込手数料が無料になっているところは、私が知る限りここくらいしか知らないです。

こちらも与えられるATM利用手数料無料回数と同じ回数が、他行への振込手数料無料になります。例えば月5回ATM利用手数料無料なら、同じように月5回他行への振込手数料が無料になるということです。

振込手数料って地味に高いですし、無料にしているところはほぼないので実はかなりスゴイことだと私は思っています。私が住信SBIネット銀行を利用している最大の理由はここにあるといっても過言ではありません。

他行へのお金の振り込みはネット通販などで割と利用する機会があったりするので、そういった人は非常に助かるのではないでしょうか。

新生活が始まって、銀行口座どこで作ろうか迷っている人はとりあえず住信SBIネット銀行で口座を作っておいて損はないはずです。

住信SBIネット銀行へようこそ。定期預金、外貨預金、住宅ローン、カードローンなどのサービスやキャンペーンが充実した、初心者にもおすすめできるネット銀行です。