スポンサーリンク

LINEpayが2%ポイント還元を廃止!それでも現時点では最強のカードだと思う

Pocket

当サイトでおススメしてきたLINEPayカードの2%ポイント還元が終了するようです。

LINEはモバイル送金・決済サービスのLINE Payにおいて、「LINE Payカード」での支払い時に2%のLINEポイントを還元(100円につき2ポイント)する特典を2018年5月31日で終了することを発表しました。

2018年5月31日をもって終了するとのこと。6月1日以降はスマホでのコード支払いを促進すべくLINEPayの利用に応じて最大2%ポイント還元にシフトしていくそうです。

今まではどこで利用しても100円につき2%ポイント還元だったので、他のクレジットカードやデビットカードに比べてすぐにポイントが貯まるのがメリットでした。

しかし、それでも現時点では以前からこのブログで書いているように最強のデビットカードであることに変わりはありません。その理由を以下で解説していきます。

そもそもデビットカードはポイント還元率が低い

LINEPayがいつでも2%ポイント還元キャンペーンが終了しても最強な理由、それは「それでもデビットカードにおけるポイント還元率の高さはトップだから」であるからです。

最近ではクレジットカードでの支払いに抵抗がある人や未成年でも審査なく持てるカードとしてデビットカードを発行する銀行が増えてきました。

しかし、クレジットカードに比べるとどこもポイント還元率はかなり低いのが現状です。

デビットカードを発行している主要4銀行のデビットカードのポイント還元率は以下の通りです。

三菱UFJ銀行:最大0.2%(年会費1080円)

三井住友銀行:0.25%

住信SBIネット銀行:0.6%(1000円利用で6ポイント)

楽天銀行:1%(100円利用で1ポイント)

このようにデビットカードのポイント還元率は楽天銀行以外はすべて1%を切っている状況です。

ただ、楽天銀行は1%ポイント還元ですがなんせATM利用手数料が高いのでそこで相殺している感はあります。出金入金ともに200円以上かかりますからね。

100歩譲って出金ならともかく、入金で手数料が200円以上かかるとか意味が分かりませんが。

手数料一覧:ATM利用手数料(個人口座)

まあ、何が言いたいかというとデビットカードはそもそもポイント還元率がかなり低く、1%ポイント還元しているところすらほぼない状態であるにもかかわらず、今まで2%ポイント還元してたLINEPayは神レベルだったということです。

クレジットカードでも2%ポイント還元ってまずないですからね。

しかも今後もLINEPayの利用に応じて最大2%ポイント還元してくれるとのことなので、やっぱりデビットカードを持つならLINEPayが現時点では最強であることに変わりはないのです。

今はスマホを持っている人のほとんどがLINEを使っているのに、意外と使っている人のいないLINEPay。デビットカードに興味がある人はカードを作ってみてはどうでしょうか?

簡単で安全な決済のための新しいデジタルウォレット