スポンサーリンク

セルフメディケーション税制ってなんだ?と思ったので調べてみた話

Pocket

今年、花粉症があまりにもひどいので何年かぶりに花粉症の薬を買ったら、こんなマークがついていました。

読むと「セルフメディケーション税控除対象」とあります。

「セルフメディケーション?税控除?なんぞこれ。」と思い気になったので調べてみたところ、これは多くの人が知っておかないといけないことだとわかったので、わかったことをシェアしたいと思います。

セルフメディケーション税制とは医療費控除をより使いやすくしたもの

セルフメディケーション税制とは簡単に説明すると市販されている対象の薬の購入費用が1年で12000円以上だったら、その超えた分が所得から控除されるというものです。

対象となる市販の薬はかぜ薬や胃腸薬など種類は多いのですが、最初の画像のように「セルフメディケーション税控除対象」のマークがあるものなら大丈夫です。

医療機関にお世話にならずに自分で市販薬を購入して何とかしようとする人を支援する意味があると思われます。

これまでにあった医療費控除は1年間で10万円以上、医療費負担がないと控除対象になりませんでした。

1年間で10万円以上医療費でお金を使うというのはよっぽど大病をするとかでないとないですからね。

このセルフメディケーション税制を利用すれば、年間で12000円以上対象の市販薬にお金を使えば所得控除の対象になります。

例えば私が今回購入した花粉症の薬だと1か月分で5000円ほどかかっていますので、あと今年7000円以上市販薬にお金を使えばもう対象になるわけです。

医療費控除のより使いやすくしたものがセルフメディケーション税制といえます。

セルフメディケーション税制のデメリットや利用する際に注意すべきこと

医療費控除と一緒に使えない

セルフメディケーション税制で所得控除を受けると医療費控除が受けられなくなります。

つまり確定申告の際に、セルフメディケーション税制と医療費控除どちらが控除額がおおきくなるのかしっかり考えないといけません。

医療費が年間で10万円以上かかった年ならば、セルフメディケーション税制を利用せずに医療費控除を利用しましょう。

控除の上限額は8万8000円まで

セルフメディケーション税制は年間12000円を超える金額が所得控除されますが、控除限度額が定められています。

控除限度額は8万8000円でこの金額以上は所得控除されないので注意が必要です。

健康の保持増進と疾病の予防に取り組んでいないと使えない

これが一番の落とし穴なのですが、セルフメディケーション税制は年間12000円以上対象の市販薬を購入すれば誰でも対象になるわけではありません。

健康の保持増進と疾病の予防に取り組んでいる必要があるのです。

国税庁のサイトに対象となる「健康の保持増進と疾病の予防の取り組み」の具体例が載っています

国税庁セルフメディケーション税制

結果通知表など「健康の保持増進と疾病の予防に取り組んで」いたことを証明する書類を確定申告の際に添付しないといけません。

セルフメディケーション税制を利用するために確定申告の際にやるべきこと

セルフメディケーション税制を利用するためには、国税庁のホームページから明細書をダウンロードしてそこに購入した市販薬の名称や金額などを記入して確定申告書、健康診断の結果通知書等の健康増進の取り組みを証明する書類とともに税務署に提出します。

国税庁のホームページから明細書をダウンロードして印刷、記入する手間があるのがデメリットです。

とはいえ、医療費控除と比べるとかなり利用しやすい所得控除ですので対象となる人はめんどくさがらずにちゃんと所得控除を申請しましょう。

参考サイト

厚生労働省セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

国税庁 セルフメディケーション税制が創設されました