引っ越しを6回したから言える引っ越し前にやっておくべき3つの準備

Pocket

3月から4月にかけては進学や就職で住む場所が変わる人は多いことでしょう。

しかし、引っ越しというのは不安がつきものです。正直やることが多すぎて何から手を付けていいのかわからなかったり、そもそも具体的に何をすればいいのかすらわからなかったり。

そこで今まで引っ越し経験6回の私が、引っ越し前にやっておくと非常に助かる準備について書いていきたいと思います。

引っ越しに不安を感じている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

段ボールを無料で手に入れておく

まず引っ越し当日までにやっておくべきことの一つ目はできるだけ無料で引っ越しに使う段ボールを用意しておくことですね。

段ボールの入手方法としてホームセンターやネット通販、あるいは引っ越し業者から購入するという方法があります。

ただ、購入するとなると思っていたよりも高いことに驚かれると思います。

Amazonで調べてみると120サイズ(縦・横・高さの合計が120センチ)10枚セットでなんと2420円でした。

ボックスバンク ダンボール(段ボール箱)120サイズ(取っ手穴付)10枚セット 引越し・配送用 FD05-0010-b

新品価格
¥2,420から
(2018/3/12 20:09時点)

段ボールに2000円出すというのは、なかなか厳しいものがあるのではないでしょうか?

なので、できるだけ段ボールは買わずに無料で集めておくに限ります。

スーパーに行けば自由に持って帰ってもOKの段ボールがありますし、コンビニや100円ショップの店員さんに段ボールがもらえないか聞いてもいいでしょう。

しかし、この手の段ボールは使い勝手が悪いものが多いです。高さが全然なかったり、小さすぎたり、そもそも汚かったり。

私の一番のおススメはAmazonの箱をできるだけ捨てずにため込んでおくというものです。

Amazonは注文した商品に対してかなり大きめの箱で送ってくることが多いので、取っておくとかなり重宝します。使ってみるとわかりますが意外と丈夫ですしね。

これが楽天の場合だと紙に包んだ状態で送ってきたり、そもそも段ボールの質もよくないので私はAmazonがおススメです。

引っ越しすることが前もってわかっている場合、Amazonの箱は捨てずに引っ越しの日まで取っておきましょう。もちろん引っ越した後もまた使えるのである程度取っておくと便利です。

プチプチはネットで買える!新聞紙では頼りない

引っ越しすることがわかっている場合、できるだけ早くやっておきたいのがいわゆる「プチプチ」の購入です。

何もわざわざプチプチを買わなくても新聞紙でいいじゃないかと思う人もいるでしょう。

しかし、新聞紙は衝撃を吸収する能力がそれほど高いわけでもありませんし、新聞紙を丸めてスキマに詰めるというのはなかなか手間です。

尖ったものなどは新聞紙だと簡単に破けますしね。

その点、プチプチで物を包めば衝撃をしっかり吸収してくれるので安全です。

知らない人が多いかもしれませんが、梱包材として非常にメジャーなプチプチは普通にAmazonで買えます。

Amazonで「プチプチ 緩衝材(かんしょうざい)」で検索すれば出てきます。

【 日本製 】 ピュア原料だけで作られた 緩衝材 ロール 30cm X 5m 【1本】 引越し 用 【 食器 食品 】 梱包 包装 エアキャップ プチプチ シート

新品価格
¥320から
(2018/3/12 20:11時点)

5メートルや10メートル、果ては42メートルなんてものもありますが1回の引っ越しなら5メートルで十分です。

私は2回目の引っ越しの際にプチプチがネットで買えることを知り、10メートルのプチプチを購入しました。その後4回引っ越しの際に使っていますが未だに残っています。

10メートルのプチプチは届くとこんなに大きいのか!と驚いたのを覚えています。

なので、プチプチは5メートルの物を買いましょう。足りなそうだったらまたその時に買えばいいだけです。

段ボールに比べるとかなり安いので、ここはケチらずに買っておきましょう。

郵便の転居届はは引っ越す前に出しておく

引っ越した後、旧住所に届く郵便物を新住所に転送してもらうために郵便局に転居届を提出する必要があります。

最近では郵便局窓口に行かなくても、ネットから申し込みができるので非常に便利になりました。

郵便局e転居

旧住所あてに届く郵便物を1年間限定で新住所に転送してくれるサービスなのですが、一つだけ注意しないといけないことがあります。

それは「転居届を提出してから実際に新住所への郵便物の転送が始まるまではタイムラグがある」ということです。

タイムラグは1週間あります。転居届を提出する際にいつから郵便物を転送するのか記入する欄がありますが、提出日から1週間以降の日付を指定されます。

つまり、新住所に引っ越してから転居届を出したのでは遅すぎるのです。

引っ越してからすぐに転居届を提出したとしても最低1週間程度、旧住所に郵便物が行ってしまいます。

なので、引っ越してからではなく引っ越す前に郵便局に転居届を提出しておきましょう。

私はこれを知らなかったので、スマホを新規購入した際のキャッシュバック特典が受け取れなかったことがあります。

手続きの案内が書かれた郵便物が旧住所に行ってしまって再発行もかなわなかったのです。今思い出しても非常に悔やまれます。

郵便局への転居届は引っ越し前に提出しておく、これは必ずやってください。

まとめ

引っ越し前にやっておくべきこと

・Amazonの段ボール箱は捨てずにとっておく。段ボールは買うとかなり高い。

・プチプチは5メートルの物を買っておく。10メートルでは長すぎて使い切れない。

・郵便局の転居届は必ず引っ越し前に提出する。引っ越し後では転送にタイムラグが生じて旧住所に郵便物が行く可能性がある。

引っ越し前の人はこちらの記事もどうぞ。

進学や就職で一人暮らしを始めるときに住民票は移すべきか調べてみた

引っ越し業者がまだ決まっていない人は【引越しラクっとNAVI】がおススメです。

ネットの引っ越し比較サイトに登録すると毎日大量の電話がかかってきます(経験済み)。夜中だろうが早朝だろうが電話がかかってきて参った思い出があります。

ここならサポートセンターが一回の電話でヒアリングして最適な引っ越し業者を提案してくれるので、大量の電話がかかってくることなく安くて満足のいく引っ越し業者を選べます。少しでも安く引っ越したい、でも電話営業はイヤだという人は以下のバナーからぜひどうぞ。