格安スマホにする際に注意すべきたった一つのこと

Pocket

このブログで再三再四、格安スマホはいいよということを書いてきています。

私が初めてスマホを持ったのはauで毎月1万円前後支払っていた時を考えると、その時とは比べ物にならないスペックのスマホを機種代込みで3000円程度で持つことができているので不満はありません。

ただ、テレビでさんざんCM流れているのを見てろくに調べもしないで格安スマホを持つことになると結構思ってたのと違うなんて羽目になる可能性は少なくないです。

実際、消費生活センターには格安スマホに関する苦情が多くなっているそうで、つくづくこの国は自分で情報を集めるとかできない人がいっぱいいるのだなと思っています。

そんなことはさておき、その中でも特にこれだけはしっかり確認してから格安スマホにしてほしいということ一つ解説したいと思います。

スポンサーリンク

2年間ごとの契約自動更新があるのか、ないのかは必ず確認すべき

それは「2年ごとの契約自動更新があるのかないのか」という点です。

これは3大キャリアでよくある、評判の良くない契約ですよね。2年ごとに勝手に契約が自動更新されて更新月以外に解約すると高額な解約違約金がかかるっていう。

実は一口に格安スマホといっても3大キャリアと同じように2年間ごとの契約自動更新があるものと、最低利用期間が経過すればいつでも無料で解約できるものがあるのです。(機種代は別でかかることはあります。)

具体的にはテレビでよくCMしてる、U〇mobileとワ〇モバイルは3大キャリアと同じく2年間ごとの契約自動更新で更新月以外の解約には高額な解約違約金が発生します。

月々の利用料の安さばかりに目が行きがちですが、実は3大キャリアと変わらないところがあるということは注意が必要です。

契約期間の縛りも解約違約金もない格安スマホ業者もある。ただしMNP転出手数料に上乗せされることも

それ以外の多くの格安スマホに関しては2年ごとの契約自動更新+更新月以外の解約はお金がかかるというシステムは採用していません。

つまり格安スマホ業者が設定した最低利用期間が経過すれば、それ以降いつでも自由に解約違約金なしで解約できるってことです。

それどころか、格安スマホ業者によっては解約違約金そのものを設定していないところもあります。こういったところは他社で同じ番号を使うMNP転出手数料に上乗せしている場合が多いです。

mineoのスタッフの方に直接伺ったところ以下のような回答をいただきました。以下引用。

私どもmineoでは、特に契約期間に対する縛りなどは設けさせていただいておりませんで、解約手数料もいただいておりませんが、MNPを利用し他社に転出される場合、ご利用から13ヶ月以上ですと、MNP転出手数料が税込み2160円なのですが、12ヶ月未満でありますと、税込み12420円かかってしまいますので、ご注意くださいませ。

契約期間の縛りや解約手数料そのものはないけど、他社でも同じ電話番号を使うということであればMNP転出手数料として利用期間が1年以内なら12420円(税込み)と実質解約手数料並みのお金がかかるということです。

ちなみにMNP転出手数料が無料のところはありません。つまりどこの業者を使っていても同じ番号を他社でも使いたいとなれば必ずお金がかかるということです。

逆に言えば他社に乗り換える際にMNPしなければいつでも無料で解約できるってことです。

ただしスマホ機種を分割払いで月々の利用料と一緒に支払っている場合は、解約してもその機種代の支払いが消えることはありませんので注意してください。

2年縛りや高額な解約違約金とサヨナラできるmineoを詳しく見る

AbemaTVやyoutubeのデータ容量を節約するならビッグローブスマホがベスト

ちなみに普段スマホで動画を見たり、音楽を聴いたりしてて毎月データ容量が心配な人はビッグローブスマホがおススメです。

「エンタメフリー」という月480円(税別)のプランに加入すれば、AbemaTVやyoutubeなどの対象サービスをいくら使ってもデータ容量がノーカウントになるのです。

つまり動画や音楽を楽しむために、月何十ギガものデータ容量の契約をする必要がありません。

実際私はかなり重宝しています。パソコン触っているときはスマホでradikoをかけっぱなしにしています。

エンタメフリーのあるビッグローブスマホを詳しく見る

格安スマホにする際は、しっかりと調べてから契約しましょう。それができない人は3大キャリアでスマホを持って、しっかりとサポートしてもらったほうがいいと思います。