奨学金の返済額をムリなく毎月捻出する方法を考えてみた

Pocket

ネットニュースを何となく見ていたら衝撃的なニュースがありました。

奨学金破産、延べ1万5千人

奨学金が返せなくて破産する人がこの5年で1万5千人以上。しかも借りた本人だけでなく親まで巻き添えを食らう格好になっているとのこと。

何を隠そう、私自身も大学時代に奨学金を借り現在も毎月返済している身分なので決して他人事ではありません。

他人事ではないのですが、しかし一方でどれだけ借りてもせいぜい月2万円程度の返済額すら用意できず結果として破産に追い込まれるのはなぜなんだ?と思うわけです。

決して2万円という金額を侮っているわけではありません。

しかし、社会に出て働いているはずの立場で、最大月2万円の返済額を用意できなくて破産にまで追い込まれるというのは相当問題があるのではないかと思うんです。

何かしら障害を抱えていたり、病気で働けないとかならともかく。

よくよく調べてみると奨学金返済の延滞が続いた結果、学生支援機構から一括返済を求める裁判などを起こされて結果として破産するケースが多いとのこと。

この時点で私は何で返済猶予とか月の返済額の減免措置を申し込んだりせずに放置してたのかと思うわけです。

ある意味、年金と同じですね。救済措置はあるのにそれを知らないのかめんどくさくて申し込まなかったがために後々ひどい目に遭うっていう。

なので、奨学金で破産した人のニュースを聞いても正直100%同情はできません。

しかし現実として月々の返済額が負担になっている人のために、月2万円をねん出する方法を考えてみました。

現在進行形で奨学金返済ができていない人、あるいはできているけど毎月とても家計が苦しい人はぜひ参考にしてみてください。

キャリアスマホをやめて格安スマホにする

まあこれは当然ですね。

ドコモ、au、SoftBankという3大キャリアでスマホを持っている人は大体最低でも月1万円程度払っていることでしょう。

奨学金をろくに返済できないという状態で、最新のiPhoneを2年ローンを組んで持っている場合じゃないだろって話です。スマホゲームに課金しまくってる場合かって話です。

格安スマホにすれば通話できるプランでも月1000円台にすることは余裕で可能です。

月2万円程度の奨学金の返済額を用意するのに苦しんでいる状態で、スマホを持つだけで月1万円以上支払うなんてすぐに辞めましょう。

スマホが世に出た当初ならともかく、今はテレビCMでもガンガン格安スマホの宣伝してますし、リアル店舗を構えるところも増えてきました。

3大キャリアから格安スマホに変えることは以前に比べたらどんどん簡単になっていっています。

とはいっても業者が多すぎてどこがいいのかわからないという人は、私と同じBIGLOBEスマホにしてみてはどうでしょうか?

取り扱い機種は多いですし、エンタメフリープランでAbemaTVやradikoなどがデータ容量ノーカウントになるので非常に使いやすくて気に入っています。

BIGLOBEモバイル 最大10,800円キャッシュバック実施中

格安スマホにするだけで最低でも月5000円くらいはねん出できるはず。これで月5000円は確保できます。人によってはこれだけで1万円近く浮くかもしれません。

格安スマホにしてからというもの、もうスマホ代に月1万円以上支払うとかありえないと思うようになりました。

単発バイトを入れる。おススメは試験監督

最近はネットで副業というのが流行っていますが、なんだかんだで手っ取り早くお金を手にしようと思ったら働くのが現実的ですしカンタンです。

最近はどこもかしこも人手不足ですから、一日だけ働くバイトというのは探してみれば結構な数存在します。

なかでも試験監督はおススメです。一日働けば1万円弱もらえますし、仕事内容も準備は大変ですがそれさえこなせばあとは肉体的にキツイ面はまずありません。

単発のバイトはネットで探せば簡単に出てきます。月一回働くだけでも1万円程度の収入が入ります。

まずは「単発バイト 地域名」で検索してみてください。

奨学金返済もできないくらい収入が低いなら転職も考えよう

上記2つで最低でも月1万5千円をねん出することができます。

これだけでも相当返済は楽になるはずです。

しかし、中には副業禁止の会社で働いているとか毎日12時間以上働いていて収入は大卒初任給以下という人もいることでしょう。

そうなると多少の節約や単発バイト程度ではどうにもなりません。仕事を変えることを考えましょう。

単純に収入が少ないから奨学金の返済ができないってことだからです。

よく仕事なんて何やっても一緒とか、転職しても一緒とか言う人がいますが大間違いです。

そういうことを言う人はものすごく狭い世界でしか生きていないと思っておきましょう。

そしてアナタはさっさと行動を起こしましょう。事態が深刻化する前に手を打つのが肝心です。

このご時世、自力で転職活動を頑張るのは百害あって一利なしなのでワークポートに任せるのをおススメします。

適性のある業界や会社の提案から、書類や面接対策、内定後の給料や入社時期の交渉を代わって行ってくれるので非常に楽です。

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

今の奨学金制度が完璧な制度であるとは私も決して思いません。

ただ、現行の奨学金制度を批判するのは結構ですが、いくら批判したところで現実問題として一度借りた奨学金の返済義務がなくなることはない以上、コツコツと返していくしかありません。私は今そう考えています。

共に頑張って返済していきましょう。そのためには今すぐ行動することが大切です。