地方移住に絶対必要な物はネットとゲームだ

Pocket

箱根にやってきて、2週間経ちました。

仕事はぶっちゃけ大変ですが、サラリーマン時代は12時間以上働くのがデフォ&サービス残業で一日の労働時間が長くても8時間程度で済む今の仕事はかなりホワイトなほうだと感じています。

寮費と水道光熱費は無料で、仕事のある日は食費もタダでしかもかなり美味しいのでこれまで「福利厚生」といったものに全く無縁だった私にとっては、人生で一番良い労働環境だといえます。

まあ、それはさておき箱根にやってきて思うことがあります。

「ノートパソコンとニンテンドー2DSを持ってきてよかった~」ってことです。

田舎はとにかくヒマ、ヒマつぶしの道具がないとヤバい

サラリーマン時代は一日12時間以上働くのがデフォだったので、家には眠りに帰るだけでした。

しかし、今は一日の労働時間が最長でも8時間。しかも朝と夕方働く生活なので日中はニート状態なのです。

※一日8時間労働だと毎日思った以上にヒマな時間が多くてビックリしますね。仕事終わりに飲みに行くとか習い事に行くとかどんだけ体力余ってるんだとか思ってましたが単に私のサラリーマン生活が異常なだけでした。

そうなると田舎はとにかくヒマ、ヒマなのです。

箱根観光でもすれば?と思われるでしょうが、まだ給料も入っていないので浪費するわけにもいきません。

ちなみに私の住んでいるところは近くに鉄道の駅もコンビニもある、田舎暮らしにしてはかなり恵まれた環境です。

奈良に住んでた頃に比べたら、東京にも比較的簡単に出られるところです。

しかし、都市部ほどではありませんが田舎でもそれなりにお金がないとヒマなのです。まあお金があってもしょっちゅう遊びに行くわけにもいかないので結局ヒマとの戦いになります。

部屋にはテレビが備え付けられているのですが、平日の昼間のテレビ番組のつまらなさは異常です。

そうなると仕事以外の時間はネットかゲームになるわけです。

ブログを更新したり、Twitterを見たり、ほかの人のブログやサイトを見たり。

あとは最近dアニメストアでアニメを見たりしています。昨年の今頃に放送されていた幼女戦記を今さら見てます。なぜ去年これを見なかったのかと後悔するくらい面白いです。

それすら飽きたら昨年冬に買ったニンテンドー2DSで野球ゲーム。ファミスタクライマックスのやりこみです。

ネットとゲーム、暇なときはそれに時間を費やしています。おかげさまでブログもちょくちょく更新できていますし、ファミスタもかなりレベル上げできています。

つくづく、ノートパソコンとニンテンドー2DS持ってきてよかったなと思っています。

ネットのおかげで田舎暮らしはケタ違いに快適になったと思う

つくづく思います。

「ネットもゲームもなかったら死ぬほどヒマだろうし、不便だろうな」と。

Amazonや楽天があるおかげで、パソコンやスマホからポチっとすれば水も食料も届きます。

遠くまで買い出しに出かける必要はないのです。

ゲームですら、ポチっとすれば買えます。なんならダウンロード版すらある時代なので手元に届くのを待つ必要すらありません。

ネットのおかげで田舎暮らしはケタ違いに快適になったんじゃないかな?と思っています。

もし現代にネットもゲームもなければ、暇すぎて今頃死にかけてたんじゃないでしょうか?

これから地方移住する人は必ずノートパソコンは持っていくべき

ハッキリ言って現代の田舎暮らしでネットがないと暇すぎて死にます。

地方移住が最近流行っていますが、ノートパソコンとネット環境は絶対必要です。

スマホでは心もとないです。おそらくすぐにデータ容量がオーバーするでしょうし、ブログやサイトの更新もできないでしょうから。

そもそもスマホの電波がちゃんと届く地域なのか?っていう問題もありますしね。まだまだこの日本においては携帯・スマホの電波が圏外あるいは弱い地域はたくさんあります。

そういうわけで、田舎に暮らすならネットのできるノートパソコンとゲームは絶対必要なアイテムだという話でした。またネタができたら更新します。