鉄道会社に対する世間の目が厳しすぎてかわいそうに感じるって話

Pocket

元鉄道会社職員(契約社員とバイトしか経験してませんが)として、最近強く思うことがあります。

それは「世間の鉄道会社に対する目が厳しすぎるんじゃないの?」ってことです。

鉄道会社が安全を最優先するのは当たり前。だけどなんでも鉄道会社のせいなのか?

最初に書いておきたいのですが、鉄道会社は乗客の命を預かっている以上安全を最優先にするのは当然の話です。

鉄道会社が安全を最優先にして職務にあたるのは当然なので、乗客の安全を脅かすような事態が起きれば世間からの批判が集まって当然だといえます。

最近だと、新幹線の台車に大きなヒビが入っていたのにもかかわらず通常どおり運行していたJR西日本のことがありますよね。

まあ、JR西日本の場合は過去に福知山線脱線事故を起こしているので「またか」「JR西日本は過去の事故から何も学んでいないのか」といった批判が起きるのは当然だといえますが。

あるいは、車両や鉄道設備の故障での遅れとか運休とか。まあこのあたりまでは世間から厳しい目を注がれても仕方ないなと思います。

ただそれ以外のどう考えても鉄道会社は悪くないだろ的な、いわゆる不可抗力なことに対しても最近鉄道会社は世間からバシバシ叩かれすぎてる気がするんですよ。

具体的には、人身事故とか大雪といった自然災害で遅れたり運休したりすることに対しても鉄道会社に対する世間の目は相当厳しいですよね?私はそう感じています。

なんというか、それは鉄道会社悪くないだろ、むしろ鉄道会社も被害者側だろと思うことが多々あります。

人身事故なんかその典型ですよね。私が駅員やってた時人身事故で電車が遅れたり運休したりした時に改札でものすごい剣幕で怒鳴るお客さんによく遭遇しました。

「鉄道会社は遅れずに電車を動かすのが仕事だろ!!」みたいなことを何度言われたことか・・・。

そういう時はただただ「申し訳ありません。」と繰り返し謝罪しまくるわけですが、心の中では「こっちも被害者側なのに・・」とよく思っていました。

あと何日も前から台風が来るぞとか大雪が降るかもなんてニュースが出ているのに、そんな日に電車で出かけた挙句、案の定電車が止まって改札でクレームを言うお客さんとかいましたね。

つくづくこの人はテレビもネットもない環境で生活しているのか?と思ってました。

しかも手元にスマホを普通に持ってるのにそういうことを言ってきますからね。あなたのそのスマホで情報収集できないのかと。

まあ何が言いたいかっていうと鉄道が遅れたり運休したりすることに関して、ひとくくりに鉄道会社がすべて悪いみたいなことは言えないんじゃないの?と思うわけです。

鉄道会社にクレームを入れるアナタ自身は普段から安全な行動や備えをしているのか?

そもそも鉄道会社に対して安全や定時運行を厳しく求める人は、普段から安全に気を配ったり何があっても時間は絶対に守る生活ができてるんですかね?

例えば昨日の大雪の際にはテレビで再三再四不要不急の外出はやめましょうとか、車は冬用タイヤかチェーンを装着しましょうと言ってましたけど実際どうでしたか?

都心じゃスリップする車が続出しましたよね?かなり前から大雪が降るぞとニュースが流れてたのにノーマルタイヤで出た挙句、スリップしまくってるっていう。私も近所で大型トラックが坂道を登れなくなっているのを見ました。

大雪で電車が遅れたり止まったりして帰れなくなった人も多数いましたね。ニュースで見た駅の混雑ぶりはすごかったですね。

別に鉄道会社に対して安全や定時運行を求めるのは結構ですが、批判するということはあなた自身の行動も批判されるリスクがあるということは理解しておいたほうがいいんじゃないでしょうか?

極端な話、普段から時間を守れなかったり不安全な行動をしている人が鉄道会社に対して何か言ったところで説得力ないよ?ってことです。

まとめ

まあ、何が言いたいかっていうことを一言でまとめるなら「自分たちの普段の行動を差し置いて、鉄道会社ばっかり責めるのはおかしいんじゃないの?」ってことです。

ただでさえ、慢性的な人手不足に陥っている鉄道会社なのに何かあればすぐ世間から厳しく叩かれるような現状だったら余計に人が集まらないだろと思います。

最後に昔から言われていることわざを引用して締めます。「人のふり見て我がふり直せ」これを忘れずに生きていきたいものです。