人と違うことがしたかったら年末年始は働け!年末年始のバイトがかなりおススメな理由

Pocket

今年一発目の記事。新年あけましておめでとうございます。

去年は更新をサボりまくっていましたが、今年はもう少し更新頻度を高めていくことを目標にしたいと思います。

私よりブログ歴が短いにもかかわらず、私よりもはるかに面白いブログが乱立するこのご時世ですが、人様のブログを楽しみつつだらだら頑張っていきます。

スポンサーリンク

年末年始は大学時代からまともに休んでいない

さて、私は年末年始は大みそかと元日に休んだだけであとはすべて短期バイトに行っていました。

自慢じゃありませんが、大学時代から年末年始はがっつりと休んだ記憶がありません。

私自身が世間の多くの人が休んでいるときに働いて、これまた世間の多くの人が働いているときに休むことを理想としているというのもあります。

平日休みで遊びに行くときの快適さは一度体験すると土日祝日に出かけるのが心底アホらしくなります。サービス業などで平日に主に休んでいる人の多くが納得してくれるはず。

もちろんそれ以外にも年末年始にあえて休まず働く理由があります。

年末年始のバイトは儲かる

それは年末年始のバイトはかなりおいしいし儲かるからです。

年末年始は盆も休めないそこそこのブラック企業でも普通に休業します。つまり多くの人が休むわけですね。

そうなると世間全体では労働力が不足します。するとどうなるか。

企業は普段よりも時給を上げて労働力を確保しようとするわけです。

そういうわけで時給の良い魅力的な仕事がかなり年末年始は出てくるのです。

私がかつて大学時代にやっていた駅員のバイトは普段は時給800円(当時)でした。

しかし大晦日から元日にかけての終夜運転のシフトに入ると倍の1600円になりましたし、それ以外のお正月3が日のシフトに入っても時給1000円を超えててかなりおいしかったのを覚えています。

このころから私は年末年始は働かないと損だ!という意識がついています。

普段ないレアな求人も出てくる

年末年始のバイトは普段ならまずない求人もたくさん出てきます。

例えば初詣の神社の警備員とか、有名百貨店のスタッフとか。

警備員の仕事はまあ普段からあるでしょうが、有名百貨店のスタッフなんて普段だったらまず体験できません。

しかし年末年始だと普通にチャレンジできるわけです。しかも百貨店は時給がかなり良い。

時給900円台の求人がメインの大阪で、時給1300円から1600円という破格の時給で募集しています。

百貨店に限らず、年末年始は普段よりもかなり時給高めの美味しいバイトが少し探せばゴロゴロでてきます。しかも普段は体験できないバイトが。

嘘だと思ったら次の年末年始(だいぶ先ですが・・・)に探してみてください。11月末くらいから早いところは募集しています。

おいしい年末年始のバイトは見つけたら速攻応募が採用されるコツ

ここまで年末年始のバイトがおいしいという話を書いてきましたが、気を付けないといけないことが一つあります。

それは「時給の高いおいしいバイトはあっという間に枠が埋まる」ということです。

応募するのに迷っているうちにホントにどんどん枠が埋まっていくので、例えば5日間勤務を希望したのに結局1日しか働けなかった・・・なんてことが結構あります。

なので、年末年始時給の良いおいしいバイトをみつけたら迷わずに速攻で応募すべきだということです。

まとめ

・年末年始のバイトはかなりおいしい。

・見つけたら速攻で応募しないと希望していた日数働けないこともあるので、すぐに行動することが大切。

今年もよろしくお願いします。

終わり