スポンサーリンク




【悲報】LINEPayが6月からの大改悪で他のデビットカード以下になってしまった

Pocket

当ブログにてポイント還元率の高さと使い勝手の良さから何度もおススメしてきたLINEPayですが、6月以降の大改悪によりその他多くのデビットカード以下の利用価値となってしまいました。

以前から今年の5月いっぱいで一律ポイント還元2%は終了するということでしたが、6月からの変更内容があまりにもひどいのでここでその内容をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク




ポイント還元率が利用額に応じて4段階に。

まず6月から大きく変わったこととして、ポイント還元率が一律2%から利用額に応じて4段階に分かれた点です。

今までは誰でもLINEPayを利用すれば100円につき2%ポイント還元だったわけですが、今後前月の利用額に応じてポイント還元率が変わるということです。

ポイント還元率は高いものからグリーン、ブルー、レッド、ホワイトといった「カラー」で分けられます。

これ自体は他でもやっていそうなのですが問題はその内容です。

ポイント還元率の段階は高いほうから2%、1%、0.5%、そして一番下はなんと0%なのです。

つまり前月の利用額が少ないとポイントがもらえなくなるのです。

いくら利用すればランクアップするのかが全く不明。しかもポイントがもらえる限度額も今回から設定。

ポイント還元率が場合によっては0%になるわけですが、本当の問題点はココではありません。

なんと具体的にいくらLINEPayで支払いすればランクアップするのか、現時点でそういった基準が一切不明なのです。

公式アナウンスでは「前月の利用額に応じて」カラーが決まりポイント還元率が変わるとしか言っておらず、具体的な金額などは一切公表していないのです。

実際、私は日常の支払いのほとんどをLINEPayにしていたにもかかわらず、6月からのカラーは下から2番目のレッドで0.5%スタートとなりました。

正直、あれだけ利用してたのになんでだよという思いでいっぱいですwww。ブログでも宣伝してただけになおさらです。

しかも今回からポイント還元率だけでなく、ポイントがもらえる利用限度額まで設定されてしまいました。

具体的には1か月あたりの利用額10万円までに対してしかポイントが付与されなくなったのです。それを超える金額を利用しても、超えた分はポイントがもらえないってことです。

・ポイント還元率が変わるランクアップの基準が現時点で金額面ふくめて不明。

・ポイントがもらえる限度額が10万円までに設定。

この2点の改悪により、LINEPayの利用者が大幅に減ることは避けられないでしょう。一体なぜにこんなことをしたのか、一人のユーザーとして全く意味が分かりません。

もうLINEPayの利用はやめて以前から持っている住信SBIネット銀行のデビットカードを使おうと思います。ポイント還元率はどっこいどっこいですが、口座からお金をおろさずに直接利用できる分、こっちのほうに分があります。

デビットカード(Visa)なら住信SBIネット銀行。Visaマークのあるお店ならどこでもキャッシュカードでお買い物ができます。即時引落しだから現金感覚で使えて安心!米ドル決済も可能なので、海外旅行にも便利です。

またLINEPayの場合、もともと一回の支払いごとのポイント付与だったので100円未満の金額に関しては切り捨てなのですが、こちらの場合一か月の利用金額の合計に対してポイントが付与されるのでその分お得です。

私は結局住信SBIネット銀行に逆戻りすることにします。

まとめ

LINEPayはもう利用価値がなくなったので今後おススメできません、以上。