スポンサーリンク




新卒で入った会社を3年以内に辞めたい人、フリーターにおススメの転職方法まとめ

Pocket

新卒で入った会社を3年どころか、1年足らずで辞めてしまう人というのは私が知る限り結構います。

入社後の新人研修の時点でフェードアウトする人、入社一か月足らずでいつの間にかいなくなる同期などの話はよく聞きましたし、実際に遭遇もしました。

何を隠そう、私も新卒で入社した会社を10か月で辞めました。

正直人間関係も、仕事内容も、そして給料もすべてクソで何一つ良いところがなく、むしろそんなところで10か月も働き続けた自分をほめたいくらいなのですが。なぜ10か月で辞めたのかは以下の記事にまとめております。

私の職歴シリーズ~新卒から新聞販売店編前編~

私の職歴シリーズ~新卒から新聞販売店編後編~

入社して半年たった時点でもう辞めたいと思って、転職活動を始めたわけなんですが本当に苦戦しました。

まず私は昔からネームバリューのあった転職エージェントのデュ〇ダに相談しに行きました。

しかし1年程度で辞める人間は採用してくれる会社なんてほぼないと初対面の女性スタッフにお説教を食らった挙句、ブラックで有名な飲食チェーンの求人を持ってきたので仕事を紹介してもらうのをあきらめた経験があります。

その後、自力で鉄道会社の契約社員の求人に応募して無事採用されたわけですが。

私の職歴シリーズ~大手鉄道会社編~

私の場合、運よく自力で次の転職先を見つけることができたからよかったものの、当時を振り返ると誰にも相談できず頼ることもできず、かなり心細かったのを思い出します。

なんせ日本では3年は同じ仕事、会社で勤めないと話にならないなんていう考えがいまだに多くはびこっているので、どんな事情があれ1年以内に辞めるとかありえないだろという白い目で見られがちです。

実際に転職活動を始めたら、いかに日本の会社は閉鎖的でよそ者に厳しいかを嫌というほど痛感します。

だから自力で求人を見つける昔ながらの転職活動は絶対に辞めたほうがいいでしょう。どれだけ健康な人でもホントに精神病みますので。

調べてみると1年以内に新卒で入社した会社を退職してしまっても、また正社員を目指せる支援サービスがあるのを見つけました。なので私と同じように就職して1年以内で辞めてしまった人は一人で頑張らずに利用してみることをおススメします。

スポンサーリンク




1年足らずで辞めた人が転職成功した口コミがあるDYM就職


MeetsAgent
DYM就職は第二新卒・既卒・フリーターやニートの人のための就職支援サービスです。

キャリアを順調に積み重ねてきた人のための就職支援サービスではなく、社会人としてのスタートでつまづいてしまった人向けの求人が豊富にそろっています。

ここで求人募集をかけている側は、そういった人たちが応募してくることを了承したうえで求人を出しているので、様々な事情があって1年以内で新卒入社した会社を辞めてしまっても就職できるのです。

また、最大の特徴として書類選考なしで企業面接まで進める点がメリットとして挙げられます。

ネット上から登録後、スタッフと面談、そこから企業面接に進むというシンプルな流れになっています。履歴書や職務経歴書を応募する会社ごとに作成して提出する必要がないのです。

書類作成はホント手間がかかりますからね。それで会社ごとの志望動機や自己PRを必死に考えて応募した挙句、書類選考で不採用の繰り返しは苦行以外の何物でもありませんでした。

書類選考がないので、応募から採用までのスピードも非常に早いです。最短で1週間で内定をゲットしたという口コミもあります。

そして何より1年以内に新卒入社した会社を辞めた人が転職に成功しているという事実があります。以下サイトより引用。

大学時代に3社から内定をもらい、最も熱心に自分を誘ってくれた会社へ入社しました。 しかし、入社直後、それまでの温かい社風とは180度変わって理不尽に怒られる毎日。終電で帰れた事は数えられる程で、 休みも月に1~2回取れれば良い方でした。 「このままではダメになってしまう・・・」と感じ、結果3ヶ月で退職してしまいました。入社からたった3ヶ月で退職した自分が転職活動をするのはとても大変でした。(中略)無事に内定をもらうことが出来ました。 今では自分のペースで楽しく仕事に取り組むことが出来ています!

新卒で入った会社がすさまじくブラックだった、経営がヤバい、人間関係がクソなど様々な事情で1年以内に辞めてもこのような支援サービスがあります。

相談拠点も東京、大阪、福岡、札幌、名古屋、広島、仙台と数多いので相談しに行きやすいと思います。

もちろんフリーターやニートの人も対象になっているので、一念発起して正社員を目指したい人は登録しておいて損はありません。相談や利用はすべて無料です。

一人で就職活動を頑張るのはなかなか結果が出ない上に、急速に精神を病むので絶対に辞めましょう。使えるものは徹底的に使って戦っていきましょう。

あなたに合った企業への就職を徹底サポート!DYM就職

ここは絶対抑えておくべき!ワークポート




20代の転職、それも就職して3年どころか1年以内の転職であれば、ここは絶対抑えておくべきでしょう。

転職エージェントにありがちなんですが、カウンセリングに行ったら40,50代くらいのサラリーマン歴が長そうなおじさんが出てきて対応されるっていうことがよくあります。

丁寧な対応をしてくれるならいいのですが、中には上から目線で頼んでもいないのにありがたい「お説教」をかましてくれる人もいるのです。実際遭遇しましたし。

ブラックかもしれないけどとりあえず3年頑張れとか、その程度で辞めるのはちょっと仕事をなめてるんじゃないの?的な説教をされてブチ切れて帰った記憶があります。

こっちとしては今の会社を辞めて転職することはもう決めた上でカウンセリングを受けに来ているわけで、そんな人間に対して転職そのものを考え直したほうがいいんじゃないの?的なアドバイスをもらっても迷惑なだけでした。

長くなりましたが、転職エージェントによってはこのようなことが結構あるのです。

その点、ワークポートはカウンセリングに対応してくれるスタッフが比較的若いので、ありがたいお説教をされることなく非常に話しやすい雰囲気の中相談することができます。

これから二人三脚で転職活動を進めていくうえでスタッフと話がしやすい、話が合うというのはかなり重要な要素です。

転職活動を進めていくなかで悩んだり、弱音を吐きたくなったりすることはよくあります。そんなときに相談に乗ってくれる、寄り添ってくれるスタッフがいるとかなり心強いです。

もちろん、気軽に相談しやすいだけではなく書類対策や面接対策、面接後のフォローもバッチリです。私は自己PRや志望動機もほぼ自分で考えずにスタッフに考えてもらっていました(笑)。

・経験豊富なおじさんに上から目線で説教されるより、同年代のスタッフと気軽に相談したりして転職活動を成功させたい。

・就職して3年どころか1年以内で転職を考えている。

・未経験の業界や職種にチャレンジしたい。とにかくブラックじゃない会社に行きたい。

こんな人はとりあえずワークポートに登録しておきましょう。

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

すぐに転職したいわけじゃない人はとりあえず年収診断!MIIDAS(ミーダス)

今すぐにでも転職したいわけじゃないけど、いつか転職したいと思っている人や他の会社に行ったら自分はどれくらいの年収が狙えるのか知りたいという人もいるでしょう。

そんな人はとりあえずMIIDASで適正年収を調べてみてはどうでしょうか?




わずか2分程度の簡単な入力であなたが狙える適正年収がわかり、そしてそれが実現できる企業がピックアップされます。

そしてあなたの経歴を見て気になった企業からオファーが届きます。MIIDASではオファーが届いた時点で書類選考は突破したことになっているのであとは面接をクリアすれば即内定です。

しかも転職サイトのオファーとは違って、応募期限がないのでオファーが来れば来るほどあなたの選択肢は増えます。

オファーが来るようになれば、今の仕事も気楽にできるようになるはずです。辞めようと思えばいつでも辞められるからな的な余裕が出てきます。

そうはいってもオファーなんてなかなかもらえないんでしょ?と思う人もいるでしょうが、ユーザーの99%以上が少なくとも1通以上の何かしらのオファーを受け取っているので、それほどハードルが高いわけでもありません。

とりあえずよその会社に転職したらどれくらいの年収が狙えるのか、気軽にMIIDASで調べてみてはどうでしょうか?もちろん利用は無料です。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

動かなければ何も状況は変わりません。今の状況が嫌なら今すぐ行動を起こすべきです。

どのサービスも利用は無料でリスクはないので今すぐ転職したい人も、漠然と今の会社が嫌になっている人もとりあえず使ってみることをおススメします。