スポンサーリンク




確定申告を税務署に直接出向いてやる人が多いのを見て新しいことを勉強することの大切さを知った

Pocket

サラリーマンの方々は縁がないかもしれませんが、今年も確定申告が始まりました。

今年は何やら国税庁長官について国会でもめているので税金払いたくないデモみたいなのが各地で起こっているようですが、いくら抗議したところでじゃあ税金安くしますなんてことにはならないんだからムダなことしてるなーと思っています。

そんなことするくらいなら経費やらふるさと納税やらで合法的に税金を安くする方法の一つも勉強したらどうかと思います。

それにしても、2018年になってもいまだに確定申告を税務署や特設会場に出向いてやる人ってめちゃくちゃいるんですね。テレビで映像見てビビりました。

つくづく新しいことを勉強することを続けないと、いつまでもムダなことをやり続けることになるという良い例ではないでしょうか?

スポンサーリンク




税務署に行かなくてもe-taxや郵送という方法がある

というのも今や確定申告はe-taxや国税庁のサイトから書類作成、そして郵送という方法がちゃんと存在しているからです。

わざわざ超混雑しているところに出かけて確定申告なんてしなくてもいいのです。

e-taxは導入に結構手間取りますし、大してメリットがないので一番手軽なのは国税庁のサイトで数字を入力してプリントアウト、そして郵送ですね。

ちょっと調べれば、カンタンにそして快適に確定申告をやる方法があるのにもかかわらず結局新しいことを勉強したり取り入れたりすることができないので、いつまでたっても混雑した税務署に出かけて確定申告をする羽目になるわけです。

分からないことがあればネットで調べたり、なんなら税務署に電話で問い合わせることもできるのでなおさら確定申告のために出かける意味がありません。

勉強はいつになっても大事だと思う

確定申告だけでなく、いまだに駅の券売機や窓口で新幹線や特急のきっぷを買っている人も同様ですね。

未だに多くの人が窓口や券売機の前に並んでるのを見ます。普通にネットで買える方法があるならネットで買えば並ばずに済むのにといつもその光景をみて思います。

新しいことを取り入れようという努力とか勉強は続けていかないと、自分も知らず知らずのうちに効率悪いと笑われる側になるのでしょう。

頭を柔らかくして新しいことを次々と取り入れていきたいものです。

確定申告を楽に簡単にしたかったらfreee一択




話を確定申告に戻して、確定申告を楽にカンタンに済ませたいならクラウド会計ソフトのfreeeが一番良いと私は思っています。

一時期、他社のものも使ってみたことがあるのですが操作のわかりやすさ、わからないことがあったときにオンラインチャットで聞けるなどのサポートにおいては断トツです。

確定申告書も指示に従って入力していけば、あっという間に完成します。それをプリントアウトして税務署に送ればもう確定申告の手続きは終了です。

混雑した確定申告の会場に出かけたり、手書きで悩みながら確定申告書類を記入する必要は一切ありません。毎年確定申告で頭を悩ませている人はすぐにでも利用したほうがいいです。今までの苦労がウソみたいになくなります。

まだ今年の確定申告に間に合うので、今からでも登録して使ってみてはどうでしょうか?

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」